おもちゃの口コミ

マグフォーマーディスカバリーボックスの口コミ【コスパを気にする人にオススメ】

アイキャッチ
パパくん
パパくん
マグフォーマーって値段が高いけど、お得なセットとかあるの?
ママちゃん
ママちゃん
ディスカバリーボックスってコスパ良さそうだけど口コミはどうかな?

値段の高いマグフォーマーをいかに安く、コスパ良く買うかは多くのパパママの悩みだと思います。

そんな深刻なマグフォーマーコスパ問題の解決策として提案したいのが、ディスカバリーボックス。ボリュームたっぷりなセット内容がとても魅力なんですよ。

このページでは、マグフォーマーディスカバリーボックスの口コミを紹介します。

こんな人におすすめ
  • マグフォーマーを買うか迷ってる人
  • 磁石の知育玩具が欲しい人

マグフォーマーディスカバリーボックスの中身を写真たっぷりで紹介します。

マグフォーマーでどのセットを買おうか迷う人はぜひ参考にしてみてください。

マグフォーマーディスカバリーボックスの口コミ【コスパを気にする人にオススメ】

マグフォーマー ディスカバリーボックス
マグフォーマー
ディスカバリーボックス
メーカージムワールド
対象年齢3歳頃〜
セット
内容
71ピース
(14種類の図形・車輪・
人形付きパーツ入り)

収納ボックス
ガイドブック
価格
(税込)
17,050円
(公式ページ価格)
ママちゃん
ママちゃん
値段高っ!!
ナオ
ナオ
落ち着いて。高価格な理由があるんですよ。

思わず価格に目がいっちゃうのも無理ないです。マジで高いですよね。

でもこの値段も見方によっては安い、は無理だけど、コスパが良いと感じるかもしれません。

値段が高くてもディスカバリーボックスのコスパが良い理由はこちら。

コスパが良い理由
  • ボリュームたっぷりセット内容
  • 大人まで遊べる年齢別の遊び方

ざっくりまとめるとディスカバリーボックスのコスパが良いのは、大ボリュームで長く遊べるから。

もっとパーツが多いセットは値段が2万近くするし、安いセットだとパーツが少なくて満足感がないんですよね。

なんだかんだで、ディスカバリーボックスが1番安くたくさんのパーツを使って遊べるセットなんです。

ママちゃん
ママちゃん
なるほど。なんだか高くない気がしてきたかも?
ナオ
ナオ
続きでコスパ高な理由を詳しく見ていきましょう。

 

コスパ高理由① ボリュームたっぷりのセット内容

マグフォーマーディスカバリーボックスはピースの種類と数が多いのが特徴。

マグフォーマー ディスカバリーボックス ピース種類

三角・四角の基本パーツ以外にも、いろんな形のブロックで遊べます。これだけの種類のピースで遊べるセットは1番高い値段のセット以外ありません。

普通のセットはピースが少ないから何か1つ立体を作ると、作ったものを壊さないと別の立体を作れないんですよね。

ママちゃん
ママちゃん
これは兄弟で遊ぶ時は致命的なデメリットだね。
ナオ
ナオ
間違いなくケンカになります。

ディスカバリーボックスなら立体を同時に2個以上作ることも可能。兄弟で遊ぶならこれだけの数がある方が絶対いいです。

ピースの種類の多さも魅力なんですけど、付属パーツが多いのも特徴。車や人形付きピース、木が付いてます。

マグフォーマー ディスカバリーボックス 付属パーツ

基本的な形のピースが多いセットとパーツがメインのセットの良いとこどりなセット内容ですね。

さらにディスカバリーボックスは遊び方をガイドしてくれる形合わせシート付き。

マグフォーマー 形合わせシート

シートにピースを重ねて遊べるようになっていて、このシートを使えば難しい立体も作れちゃいますよ。

マグフォーマー 形合わせシート使用例

うちの息子はこのシートで練習して、大きなボールを作れるようになりました。

マグブロックで遊ぶ様子

ピースを増やすためにいろんなセットを追加で買うとお金がかかるので、初めからディスカバリーボックスを買っておいた方がコスパがいいです。

特に兄弟で遊ぶならピースの数が多いディスカバリーボックスくらいがちょうど良いと思いますよ。

 

コスパ高理由② 大人まで遊べる年齢ごとの遊び方

年齢ごとに遊び方を変えられるのがマグフォーマーディスカバリーボックスの特徴。

ナオ
ナオ
パーツが多いおかげでいろんな構造物が作れるんです。
マグフォーマー ディスカバリーボックス
ママちゃん
ママちゃん
大きな家と同時に車も作れちゃうんだね。

普通のセットはピースが少なくて大きくなると物足りなくなりそうですよね。

ママちゃん
ママちゃん
確かに、14とか30ピースしかないとすぐ飽きそう。

ディスカバリーボックスなら70以上18種類のピースで遊べるので、大きくなってもその年にあった難易度の構造物作りを楽しめます。

ナオ
ナオ
ピースが多い分長く遊べるんです。

うちの兄弟(1歳と3歳)も、それぞれの遊び方でマグブロックを楽しんでます。ピースの多さは正義です。

マグフォーマー 遊ぶ様子
ママちゃん
ママちゃん
値段が高くても長く使えるからコスパ良く遊べるんだね。

買っておけば長い間活躍してくれるおもちゃなので、金額が高くても元は取れると思います。

 

やっぱり高いと思うならマグブロック

アイキャッチ

ここまでマグフォーマーディスカバリーボックスのコスパについて紹介してきましたが、それでも「高いものは高い」と思ったかもしれません。

ママちゃん
ママちゃん
コスパの良さは分かったけど、元の値段が高いからね。

そう思ったあなたにオススメなのが、マグブロック。

マグフォーマーにそっくりなんですけど、マグブロックは値段が安いのが特徴。

96ピースのデラックスセットが公式ページ価格で税込16,280円で買えるんです。

ママちゃん
ママちゃん
96ピースでこの値段は安く感じる!
おもちゃで遊ぶ様子

この写真で遊んでるのがマグブロックです。実は少し前に出てきたボールを作った写真もマグブロックなんですよ。

ママちゃん
ママちゃん
え、そうなの?違いが分からない。

値段が安い分ピースの種類が少ないデメリットもあるので、個人的には三角や四角の基本的な形のピースがたくさん欲しい人向けのおもちゃだと思います。

ナオ
ナオ
マグフォーマーとマグブロックの違いをまとめるとこんな感じです。
マグフォーマーマグブロック
セット数115
(シンプルセットを除く)
1番ピースの多いセット
(ピース数・税込価格)
クリエイティブ
セット

(90ピース・
19,800円)
デラックス
セット

(96ピース・
16,280円)
1番価格が安いセット
(ピース数・税込価格)
ベーシック
セット
(14ピース・
2,970円)
エントリー
セット
(26ピース・
5,390円)

ピースの種類14
(三角〜六角・
菱形・扇など)
4
(三角・四角・五角・六角)
単品ピースの販売
特徴セット数とピースの種類が豊富で
いろんな構造物が作れる。
どのセットも値段が高くピース数が少ない。
ピースの種類が少ない分、どのセットも値段が安くピース数が多い。

 

セットによってピースの種類が違うので単純な比較はできませんが、ぜひおもちゃ選びの参考にしてみてください。

 

まとめ:マグフォーマーをコスパ良く遊ぶならディスカバリーボックスがおすすめ

マグフォーマーディスカバリーボックスの口コミ

  • ボリュームたっぷりセット内容
  • 高いながらもコスパの良い値段

イギリスには算数の授業にマグフォーマーを使う学校もあるって知ってましたか。

教科書で見ても分かりにくい立体をマグフォーマーで実際に作ることで理解が向上するそうです。学校教育に取り入れられてるってなんだかすごいですよね。

そんな教材おもちゃのマグフォーマーで遊べば、遊びの中に勉強を混ぜられます。

無理なく知育ができるからお子さんの教育を頑張りたいパパママにぴったりのおもちゃですよ。

ナオ
ナオ
マグフォーマー遊びでお子さんの数学センスを育ててあげましょう。
トイサブ広告用イメージ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA