おもちゃの口コミ

【室内用ジャングルジムの口コミ】白いわんぱくジムはコスパの良いジャングルジムだった

アイキャッチ
パパくん
パパくん
室内用ジャングルジム選びのポイントって何?
ママちゃん
ママちゃん
白いわんぱくジムってどんなところがおすすめなの?

室内で体を動かして遊ぶ遊具として人気のジャングルジム。

スペースの問題や組み立ての手間を考えると、どんなものを選べばいいのか悩みますよね。

そこでこのページでは、はわが家で使っている室内用ジャングルジム 白いワンパクジムの口コミをお伝えします。

記事を読むとこんなことがわかります。

  • 白いワンパクジムのメリット・デメリット
  • 白いワンパクジムを使った感想とどんな人に向いているか

白いわんぱくジムは子供の成長に合わせて長く使えるコスパの良い遊具でした。

使い勝手やスペースの問題など室内用ジャングルジム選びで悩むなら、ぜひ参考にしてください。

【室内用ジャングルジムの口コミ】白いわんぱくジムはコスパの良いジャングルジムだった

白いわんぱくジム
メーカーピープル
対象年齢8ヶ月〜6歳
制限体重25kg
価格
(税込)
21,780円
(公式サイト価格)

白いワンパクジムは紙パイプの素材でできた室内用ジャングルジム。対象年齢は生後8ヶ月から6歳ごろまでと長く遊べるのが特徴です。

結論から言うと、部屋のスペースはとるけど、子供が長く楽しめる満足度の高いジャングルジムでした。

息子が1歳の時から3歳になった今でも、白いワンパクジムは形を変えながら現役で活躍しています。

マンションのわが家でも活躍しているので、マンション住みのパパママはぜひ参考にしてください。

ナオ
ナオ
それではまずは白いワンパクジムのメリットから紹介していきます。

 

白いワンパクジムのメリット

アイキャッチ

白いワンパクジムのメリットはこちら。

メリット
  • 7つの形状のジャングルジムを作れるコスパの高さ
  • 軽いパイプ素材で移動が楽々

7つの形状のジャングルジムに作り替えられる豊富なバリエーションは、白いワンパクジムだけの特徴。

一般的な家庭用ジャングルジムは一度組み立てるとずっとその形状のまま。

同じ形のままだと、せっかくジャングルジムを用意しても飽きやすい子供はすぐに遊ばなくなってしまいます。

白いワンパクジムは、子供の成長に合わせて形を変えられるので、全く新しいジャングルジムに変身できます。

ナオ
ナオ
ジャングルジムの難易度を変えることで子供も飽きずに長い期間遊べます。

わが家の白いワンパクジムは古いタイプなので、4通りの遊び方と書いてありますが、このタイプでも追加パーツなしで7パターンの形が作れます。

もちろん7つの形状以外にも、もっと多くの形に変えることも可能。

アイデア次第でいろんな形のジャングルジムが作れる自由なアレンジ度が魅力のジャングルジムです。

ナオ
ナオ
白いわんぱくジムが1つあれば、滑り台にうんてい、鉄棒遊びができますよ。
ママちゃん
ママちゃん
鉄棒とうんていができるなんてすごい!

もうひとつのメリットは、軽くて丈夫な紙パイプを使っていること。

白いワンパクジムは紙パイプをつなげて作るんですけど、この紙パイプ素材が使い勝手がいいんです。

とにかく軽いんで、ジャングルジムを組み立てた後でも楽に移動させられます。1度作ると同じ場所に置きっぱなしなんてことにはなりません。

ナオ
ナオ
嫁ちゃんもジャングルジムを持ち上げて運べます。
ママちゃん
ママちゃん
すごく軽いんだね。

掃除する時やお客さんが来た時など、ジャングルジムを移動させたい時もかんたんに動かすことができるのは便利でした。

素材が紙なので、子供がぶつかってもそこまで痛くなくて済みます。それでも強度は十分なので安心して遊べますよ。

 

 

白いワンパクジムのデメリット

アイキャッチ

白いワンパクジムのデメリットはこちら。

デメリット
  • 組み立てるのに力がいる
  • 1度組み立てると簡単に片付けられない

組み立てが大変なのは白いワンパクジムのデメリット。

紙パイプ同士をつなげるハブの部分をくっつけるには、とても力が入ります。硬すぎてゴムハンマーで叩きながら組み立てたりしました。

ナオ
ナオ
夫婦でヒイヒイ言いながら完成させました。
ママちゃん
ママちゃん
私だけだと組み立ては無理そう(泣)

逆に言えば、それだけしっかりした頑丈なジャングルジムになるんで安心なんですけどね。とにかく組み立ては大変なのでパパの頑張りが必要ですよ。

また、一度組み立てると簡単に片付けられないのもデメリット。

白いワンパクジムは折りたたむことができないので、一度組み立てたらそのまま出しっ放しになります。

ジャングルジム自体は軽いので楽にに動かせますが、それなりに場所をとるので部屋が狭いとジャングルジムが邪魔になってしまいます。

 

白いワンパクジムが向いてる人

アイキャッチ白いワンパクジムがおすすめの人はこちら。

  • 長く使えるコスパの良いジャングルジムが欲しい人
  • 場所をとっても問題ないくらい部屋のスペースがある人

わざわざ室内用のジャングルジムを買うなら、長く遊んでもらえるジャングルジムを選びたいはず。

アイデア次第で7通り以上の形のジャングルジムに作りかえることができる白いワンパクジムは、子供の成長に合わせて長期間遊べるコスパの良い遊具です。

ナオ
ナオ
実際にわが家では3年以上遊んでます。
ママちゃん
ママちゃん
白いわんぱくジムは長く活躍してくれるんだね。

室内用ジャングルジムならぜひ白いワンパクジムを選んで欲しいところですが、問題は組み立てると片付けられないこと。

一度作ったら作りっ放しになるので、ジャングルジムを置いておけるだけのスペースが部屋にある人でないと正直厳しいです。

ナオ
ナオ
すごく良いジャングルジムだけどスペースを確保できない人にはおすすめできません。

移動は簡単にできるので、家の中にジャングルジムを置いておける場所がある人には文句なしでおすすめします。

 

まとめ:室内用ジャングルジムはスペースが許せば白いワンパクジムがコスパ高でおすすめ

白いワンパクジムがおすすめな理由

  • 7つの形のジャングルジムに作り替えられてコスパ高い
  • アイデア次第で自由にカスタマイズできる
  • 軽くて丈夫なパルプ素材で楽に移動させられる

ジャングルジムは子供が運動できるように買うことが多いですが、体を動かすだけでなく脳の発達にも良い遊具なんです。

ジャングルジム遊びは自分で体をコントロールしたりどこに登るか考えながら遊ぶので、判断力を養うことができますよ。

ナオ
ナオ
幼児期のお子さんがいるならぜひ遊ばせてあげたい遊具ですね。

室内用のジャングルジムで遊ぶなら転落に備えてマットを敷いてあげてください。

一般的なジョイントマットよりも厚みのあるプレイマットの方が安心できます。特にお子さんが小さいうちは厚みのあるこちらのマットがおすすめ。

子供の怪我の予防はパパママの大切な仕事。対策をしてあげてお子さんを元気いっぱいに遊ばせてあげましょう。

トイサブ広告用イメージ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA