ワンダーボックス

ワンダーボックスのデメリットは何?【始める前に知っておくべき3つの欠点とは】

アイキャッチ

ワンダーボックスのデメリットを体験談を交えながら紹介するページです。

こんな人におすすめ
  • ワンダーボックスにはどんなデメリットがあるのか始める前に知っておきたい
  • デメリットを解消する方法もセットで知りたい

どうも、ナオです。

ワンダーボックスを始めてみたいけど受講に慎重になっている親御さんは多いと思います。お高めの料金だから「始めてみたけど思ってたのと違った…」なんてことになったら損ですもんね。

そこでこのページでは、受講者のボクが感じた始める前に知っておくべきワンダーボックスのデメリット2つをお伝えします。このデメリットを知っておけば受講してから後悔することはなくなると思います。

ワンダーボックスに興味がある方はぜひ受講の参考にご覧ください。

ワンダーボックスのデメリットは何?【始める前に知っておくべき2つの欠点とは】

アイキャッチ

結論からお伝えすると、ワンダーボックスを始める前に知っておくべきデメリットはこの2つです。

ワンダーボックスのデメリット
  • キット教材は好みが分かれる
  • アプリ教材の問題数は毎日やり込む子には少ない
ママちゃん
ママちゃん
デメリットって料金だと思ってた!
ナオ
ナオ
教材の価値を考えたら価格はそんな問題じゃないと思いました。

2つのデメリットはどんな内容なのか、この後詳しくお伝えしていきますね。

 

デメリット① キット教材は好みが分かれる【コスパ悪いと思うかも】

キット教材がハマらないと「ワンダーボックス=コスパの悪い教材」になるかもしれません。

ワンダーボックス10月号教材キット教材とは、
ワークブック・トイ・ペーパーコンテンツの
3つからなるアナログな教材です。

キット教材で作成した作品や問題をアプリで共有することもでき、デジタルとアナログの教材をセットで楽しめるのがワンダーボックスの特徴です。

このキット教材をどう評価するかでワンダーボックスの印象は「楽しく知育できてる良い教材」から「コスパの悪い教材」まで大きく変わります。

ママちゃん
ママちゃん
どうしてキット教材は好みが分かれるの?
ナオ
ナオ
理由はこの2つ。
キット教材の好みが分かれる理由
  1. キット教材をやらないと料金がもったいなく感じる
  2. 繰り返し遊べないからコスパが悪い

ワンダーボックスは子どもの好みや興味にあわせて自由に学習できるように毎月の教材のボリュームが多め(アプリ10種類、トイ3種類)になっています。

教材の種類が豊富なのは良いことなんですけど、手をつけない教材があると「せっかくお金払ってるのにもったいない」なんて思うことも。

ママちゃん
ママちゃん
確かに。やらないならムダだよね。

 

アプリ教材は期間中に問題が更新されるから、子どもの好みにあわなくても問題が変われば興味をもつ可能性があります。

ワンダーボックスアトラニアス11月号問題期間中に新しい問題が登場します。

ただキット教材は違います。

問題が更新されることもないので好みにあわなければそのまま放置されるだけ。おまけに繰り返し遊ぶこともできないから1回遊び終わるとお役御免なんですよね。

ワンダーボックス10月号キット教材ペタリーと6つのとびらシールを貼って遊ぶ教材。
シールを貼ると繰り返し遊ぶのは難しいです。

そんなキット教材は毎月配送されるわけだから「キット教材をなくせばもっと受講料安くできるんじゃない?」なんて思わずにはいられません。

ママちゃん
ママちゃん
なるほどね。
逆にキット教材の良いところはないの?
ナオ
ナオ
ありますよ!

 

ここまでキット教材の悪いところを説明してきましたが、もちろんキット教材にも良いところはあります。

キット教材の良かったところ
  • ハサミやペンを使う練習になる
  • 自分でモノを作る達成感を味わえる

キット教材の学習は学習に使う道具を自分で作るところから始まります。

色紙をペンで下書きしてハサミで切り抜いたり素材をテープやのりでくっつけたり、ちょっとした工作を楽しめるんですよね。

ワンダーボックス学習の様子ハサミやペンを使ういい練習になりました。

息子は文房具を使う練習になるし、ボクは毎月息子と楽しく工作する機会ができて嬉しかったからキット教材はありがたかったです。

ナオ
ナオ
モノを作る楽しさとか達成感を味わえるのもキット教材のいいところです。

 

以上、キット教材についてでした。

キット教材を「工作を楽しめる面白い教材」と思うか「受講料が高くなるムダな教材」と思うかでワンダーボックスの価値は大きく変わってきます。

ワンダーボックスの受講を検討するならキット教材は必要かどうかは必ず考えておきましょう。

 

デメリット② アプリ教材の問題数は毎日やり込む子には少ない

アプリ教材の問題量は毎日たくさん問題を解きたい子には少ないのもデメリット。

毎月10種類用意されるアプリ教材は確かに問題数はたくさんあるんですけど、毎日たくさん問題を解きたい子には少ないかもしれません。

わが家では学習時間の上限を1時間に設定してるんですけど、息子はいつも時間いっぱいまで問題に挑戦しています。

シンクシンク+の学習の様子楽しく取り組めるおかげで
毎日たくさん問題を解いてます。

毎日1時間がっつり学習時間をとっていると半月くらいで一通りの問題をやりつくしてしまうんですよね。

ワンダーボックスチャレンジレコードあっという間にメダルがたくさんになります。
(いいことなんですけどね。)

おかげで月の後半は毎日問題が入れ替わるシンクシンク+ばかりやる日々に。

ワンダーボックスシンクシンク+1日3問だけ遊べるから教材をやり尽くすと
シンクシンク+が毎日の楽しみになってました。

もちろんアプリ教材にはやスコアを伸ばしたり自分でオリジナル問題を作って何度も楽しめる問題もあります。

11月号テクロンとひみつのけんきゅうじょ「テクロンとひみつのけんきゅうじょ」
自分で問題を作ったり
高スコアを目指して楽しめます。

ワンダーボックスのジュニアランド問題「ジュニアランド」
ひたすら高スコア目指して遊べる
ミニゲーム的な教材。

それでも1回クリアすると同じ問題を繰り返すだけになる教材も多いです。
いろんな問題をたくさん解きたい子は一通り解き終わるとシンクシンク+しか楽しみがなくなるかもしれません。

ママちゃん
ママちゃん
ヘビーユーザーには物足りないボリューム感なのかな?
ナオ
ナオ
全部解き終わると新しい問題がどんどん追加される機能が欲しいです。

決して問題数は少なくはないんですけど、毎日たくさん学習する子だと1ヶ月もかからずに教材全て解き終わるくらいのボリュームだってことは知っておきましょう。

 

デメリットを解消する方法は?【〇〇を使う】

ここまでワンダーボックスのデメリットを紹介してきました。続いてデメリットを解決する方法をお伝えします。

ズバリ!ワンダーボックスのデメリットを解消するにはシンクシンクを利用します。

シンクシンク

 

シンクシンクは図形やパズル問題中心の思考力を鍛えるアプリ教材。ワンダーボックスと同じ制作チームが手がけています。

基本的にはワンダーボックスのシンクシンク+と同じで、毎日変わる問題の中から好きな問題を選んで遊びます。

シンクシンクシンクトピアの問題日替わりでいろんな問題を楽しめます。

ナオ
ナオ
そんなシンクシンクの特徴がこちら!
シンクシンクの特徴
  • 教材はアプリのみ(キット教材なし)
  • 料金と問題が異なる3つのコースを選べる
  • 1日に解ける問題数の上限が決まっている

 

シンクシンクの教材はアプリだけでキットはありません。アプリ教材は料金と問題が異なる3つのコースを選択できるようになっています。

ナオ
ナオ
3つのコースの違いをまとめてみました。
シンクシンク コース一覧
コース名フリー
コース
スタン
ダード
コース
プレ
ミアム
コース
問題数3698123
プレイ
回数
1日1回1日3回もしくは1週間に21回1日3回もしくは1週間に21回 
月額料金(税込)無料300円980円

1番高いプレミアムコースでも1,000円を超えない受講しやすい料金になってます。

ワンダーボックスと比べると料金はかなり違うから、「キット教材はやらないからワンダーボックスはコスパ悪い」と思っている人はシンクシンクの方が合っているかもしれませんね。

無料でも使えるし300円で約100問遊べるようになるから、ワンダーボックスだけだとボリューム不足だと感じる人はシンクシンクを併用すると低コストで遊べる問題を増やせます。

ママちゃん
ママちゃん
シンクシンクを使えばワンダーボックスのデメリットは解消できるんだね。

 

料金も安くていろんな問題を楽しめるシンクシンクはメリットたくさんなんですけど、デメリットもあります。

それは1日に遊べる問題数が決まっていること。

フリーコースは1日1問、スタンダードコースとプレミアムコースは1日3問(または1週間に21問)しか遊べません。

ワンダーボックスは1日に遊べる問題の上限数は決まっていないからここは大きな違いですね。

ママちゃん
ママちゃん
シンクシンクだけだと遊べる問題が少ない〜(泣)
ナオ
ナオ
シンクシンクとワンダーボックスはそれぞれコンセプトが違うから遊べる問題数も違うんですよ。

 

とはいえ、ワンダーボックスと似たような問題を楽しめて料金も安いシンクシンクはワンダーボックスのデメリットを解消するための有効な方法には変わりありません。

ワンダーボックスの受講を考えているならシンクシンクも始めてみるといいですよ。

参考にワンダーボックスとシンクシンクの違いをまとめたページもご覧ください。

アイキャッチ
ワンダーボックスとシンクシンクの違いって何?2つの教材比較まとめ【体験談あり】ワンダーボックスとシンクシンクの違いを体験談を交えながら徹底的に解説するページです。何が違うのかイマイチ分からないワンダーボックスとシンクシンク。2つの教材は実は身に付く力が全く違う全然別の教材なんです。続きでは教材の種類や身に付く力、料金などワンダーボックスとシンクシンクの気になる違いを全てお伝えします。時間がない人向けにひと目で違いが分かる一覧表とどっちの教材が向いているか分かるチェックリスト付き。ワンダーボックスとシンクシンクの違いを知りたい人は必見。...

 

料金はデメリットじゃないの?【高い?高くない?】

「他の通信教育と比べてワンダーボックスの料金は高い」と思う人は料金の高さもデメリットに感じるかもしれません。

個人的には料金の高さはデメリットだとは思いませんでした。

ナオ
ナオ
その理由がこちら。
料金がデメリットではない理由
  • 先進のSTEAM教育に基づく数少ない教材
  • 実は1日あたり約120円で楽しめる

基本的に学習教材のほとんどが学校の授業対策だったりテストて高得点を取るための内容になっているんですよね。

一方、ワンダーボックスは子どもの思考力や創造力を伸ばす内容。IQや非認知能力を高める効果が期待できるから勉強だけでなく仕事や創作などいろんな場面で活躍する力を伸ばせるんです。

ナオ
ナオ
子どもの将来に役立つ内容を学べる教材は価値のある内容ですよ。
ママちゃん
ママちゃん
社会に出てからも必要な力を伸ばせるのはいいね!

 

あと意外かもしれませんが、高そうに見える料金も実はそんなに高くないんですよ。

12ヶ月一括払いの料金3,700円は1日あたり約120円。なんと缶ジュース1本くらいの料金で教材を楽しめるんです。

ママちゃん
ママちゃん
仕事の度に飲んでるコーヒーを1杯我慢すればすぐに料金を用意できるんだね!

 

おまけに紹介コードを使えば料金をさらに安くすることも可能。紹介コードは必ず使っておきたい割引です。

ナオ
ナオ
紹介コードについてはこちらのページをご覧ください。
アイキャッチ
ワンダーボックスの紹介コードって何?【お得な特典を紹介します】ワンダーボックスの紹介コードについて解説するページです。 紹介コードはワンダーボックスをお得に受講できる数少ないチャンス。ワンダーボックスを始めるなら是非とも使いたい特典ですよね。このページでは紹介コードの特典内容から使い方・入手方法まで全てお伝えします。最後まで見てくれたらお得な特典があるかも?これからワンダーボックスを始める人はぜひご覧ください。...

 

子どものためになる教材を1日約120円で利用できると思えば、ワンダーボックスはそこまで高くない値段ですよ。

ナオ
ナオ
子どもへの将来の投資と思えば1日120円はむしろ安いかもしれません。

 

まとめ:ワンダーボックスのデメリットはシンクシンクの併用で解消できる

ワンダーボックスのデメリットまとめ

  • キット教材は好みが分かれる【必要ない人にとっては料金のコスパが悪いかも】
  • アプリ教材の問題数は毎日やり込む子には少ない【同じ問題を繰り返すことになる】

ワンダーボックスのデメリットを解消する方法としてシンクシンクを紹介しましたが、シンクシンクとワンダーボックスでは学べる内容が違います。

デメリットの解消方法で紹介したシンクシンクは思考力を養うことができますが、プログラミングやアートのような創造力を養う内容は学べません。

思考力だけでなく創造力も伸ばしてあげたいならシンクシンクではなくてワンダーボックスを選んでみてください。

ナオ
ナオ
思考力を鍛えるならシンクシンク、思考力とセットで創造力を養うならワンダーボックスですよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA